iosアプリの個人開発と専門会社によるアプリ開発

アプリ開発は専門会社に依頼!

iosアプリの開発は、アプリ開発専門の会社へ依頼しましょう。あなたのニーズに合わせて開発会社が企画や開発を行ってくれるので、アプリ開発初心者には特におすすめです。

アプリ開発を自分で行う場合と専門会社に依頼した場合の違い

自分でアプリ開発を行う場合

自分でアプリを開発する場合、プログラミングに詳しいことが前提です。自分でオリジナルアプリを開発し、出来上がったアプリは自由に販売する事が可能なので、売り上げはすべて開発者の元へきます。

専門会社へアプリを依頼した場合

アプリ開発専門会社へ依頼した場合、時代のニーズにあったアプリを提案し、企画や開発を行ってくれるので、後は出来上がるのを待つだけなので初心者の方には特におすすめです。

iosアプリの個人開発と専門会社によるアプリ開発

アプリ

アプリ開発の依頼の流れ

まずはどんなアプリを作りたいか、大まかなジャンルや内容を決めましょう。アプリ開発を行っている会社を探して依頼の連絡をします。会社の人と打ち合わせをしてどんなアプリを作るか決め、依頼を受けた開発会社がアプリを作ります。テストを行い問題がなければ依頼主に渡して支払いを終了になります。

アプリ開発に必要となる費用の目安

アプリ開発で必要になる費用は、大まかに最低価格の平均は124万円、最高価格の平均は2,300万円です。開発するアプリの内容によっても異なりますが、ショッピング系は10万から300万円、フリーペーパー系は50万から100万円、最も高いのはSNS位置情報系が500万円から1,000万円になります。

ios専用のアプリが開発できる

ios専用のアプリもアプリ開発業者で開発することができます。開発業者を選ぶ際は、ios専門のアプリを作っている若しくはAndroidもiosも両方経験のある会社を選びましょう。

広告募集中